メンズ

心理学を学んで資格を取得しよう|憧れの仕事に急接近せよ

人柄を見極めるため

女の人

看護士になりたい学生が集まる看護学校に入学するには、筆記試験のほかに面接試験を突破しなければなりません。面接試験を行なう理由としては、受験生の人柄や看護士という仕事に対する考え方などを見ていくためです。看護師という仕事は、業務をこなせること以外にも人柄が重要視されます。患者に対しての心遣いや気持ちの配慮などをきちんと考えることができる人でないとこの仕事は務まりません。そのため、そういった人材であるかどうかを審査していくものとして面接試験は実施されているのです。看護学校を受験するときは、筆記試験のみならず面接試験の対策にも力を入れることが肝心です。

面接を受けるときに気をつけておきたいポイントは、いくつかあります。まず基本となるのは、相手の目を見てしっかり話すことです。そして、丁寧な言葉遣いではっきりと質問に答えるようにするといいでしょう。いくらいい答えが出てきても、態度が悪いとマイナスな印象を受けてしまいます。しかし、緊張して目を見て話すことができないという人もいるでしょう。その場合は、鼻や額など目と近いパーツを見てみることをおすすめします。あまり緊張しすぎないようにリラックスして面接試験に臨むといいです。看護学校の面接試験では、志望動機のほかに様々な質問をされます。良く聞かれることの多い質問は、最近注目している社会ニュースや自分の長所や短所、ストレスの解消法、最近読んだ本などといったことです。面接を受ける際には、事前に答えを考えておくといいでしょう。